葬儀のスタイルはさまざま

葬儀のスタイルはさまざま

私の地元では、昔は葬儀は自宅で行っていました。
近所の人が手伝いにきて、家の中で葬儀ができるようにテーブルやいすを並べたり受付を作ったりしていました。
準備だけでもかなり大変で、喪主はいろいろと指示したり来る人に挨拶したり目が回る忙しさです。

しかし最近は、葬儀場で葬儀を行う家がほとんどだそうです。
親しくしている家の人が亡くなった時に行きましたが、葬儀会社の人がすべて仕切っていたので、以前よりもかなり楽になったという話を聞きました。

板橋区の葬儀も宗派や地域によってかなり違いますね。
小さいころ、親戚の葬儀に行った時に親戚の自宅で葬儀が行われたんですが、庭をお坊さんと家族がぐるぐる回わる儀式が行われていてすごく印象に残っています。
ああいう葬儀はそのあと見たことがないので、その地域や宗派限定なのかもしれません。

葬儀といえば、最近は家族だけで行うパターンが多いそうですね。
身内だけで心のこもった葬儀をしたいというだけでなく、予算の関係もあるようです。
葬儀はかなりお金がかかるので、シンプルでお金のかからない葬儀を生前から希望する人も多いそうです。

葬儀に対するイメージ

人はふいに命を落とすものです。病気、事故、寿命、などなど簡単に亡くなってしまう人間の命のはかなさを葬儀にて実感してしまいます。葬儀という字体は嫌いではありません。どことなく綺麗な熟語であると感じている葬儀ですが、私が葬儀に対して幻想を抱いているからかもしれません。

外国によっては、亡くなった人物を鳥が多い場所に横たわらせて鳥に食べてもらい、鳥と共に空を飛ぶ鳥葬、という葬儀がありますがそのような葬儀も悪くはないと思っています。どことなく幻想的なイメージがある葬儀です。

日本の葬儀においては、死者が花で沢山飾られてとても綺麗です。花輪をどん、と飾るのが日本の葬儀らしいな、と思うのですがどことなくパチンコの開店の賑やかな連想をしてしまいます。白、黄色、紫などの花が葬儀では咲き乱れ、その菊に近付いてみると良い香りが香るものです。

洋風の花との香りがやや違うので、菊を嗅ぐと葬儀の連想をしてしまいます。葬儀に参加をするとお弁当がふるまわれることがありますが、なんとも豪華なお弁当であり、亡くなった人は食べる事ができないのだなという現実に少し悲しくなってしまいます。

町田市の葬儀・家族葬・お葬式 追加料金一切不要 | ソーシン

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>